去年「Twitterつぶやかず2017」を投稿した後「(意外と)毎年楽しみにしてる」と言っていただくことが多かったので今年もやることにしました。

と言っても今年はわりと頑張ってつぶやいてたので未遂ツイートは少なめですが…よければちょっとした暇つぶしにどうぞ。


年末ボクシングの試合見てたんですけど、クリンチっていうんですかね?あの抱き合うやつ。パンチの合間にあれ挟む度に「嫌い!嫌い!嫌い!…でもやっぱり好き!」みたいなコントに見えてきてなんか笑っちゃう。いや、真剣に試合してる選手にはほんと申し訳ないと思うんですけど。


爪でギターを弾き始めてしばらく経ちましたが、最近爪が内巻きに伸びてくるので削り方が悪いんやろかいなと思ってネイル女子に相談したら「栄養不足で爪が薄い」って言われてサプリメントを勧められました。予想外の展開。


サンマルクの演奏終わりに喫煙所で煙草吸ってたら、先に帰った共演者の谷向さんから「光曜さん!今、月食見れますよ!!」って珍しくテンション高めのメールがきたんですけど「それ一服した後でもまだやってる?」って居酒屋の営業時間尋ねるみたいな返信しちゃってごめんなさい。


昔、恩田陸さんの小説で読んだ「足し算の優しさと引き算の優しさ」について最近よく考えます。何かをしてあげる足し算の優しさよりも、やらないことで相手の為になる引き算の優しさの方が難しい、みたいなの。後者が出来るようになりたい。


よくゲームで敵を倒すと経験値もらえますけど、あれってなんで戦闘終了後に一括清算なんですかね?普通に考えたら戦ってる最中にも経験値入ってるでしょ、1ターン毎に精算せぇよ。って言ったらめんどくせぇって言われたので黙ります。


気持ちの込もっていない演奏って表現が嫌いです。演奏する上で気持ちは何かしら入るし、ないと感じるならそれは聴き手に感じ取る土壌がないからだと思います。そもそも明確に正誤の判断がつかないことをさも事実であるかのように言い切ってしまう人は苦手。


最寄り駅は喜連瓜破の舩冨光曜です。画数多過ぎて書くのしんどいです。ただ個人情報を伝えただけなのに何故か笑われることがあります。最近はとうとう戒名みたいって言われました。誰が故人か。


出がけにリビング寄ったら母親がテレビに出てた金藤(こんどう)さんって水泳選手を見ながら「金銅か〜銀はないんやな。あ、子供が日なら金土日やん〜きゃははは」って笑ってました。今日も平和です。


発表会の伴奏仕事をしていると、何十名もいる生徒さんの名前を覚えることができずやむなく「◯◯(曲名)の人」って呼んでしまうことがあるんですが、こないだ「あ、これダンシング・クイーン(の人)から差し入れです」って野菜チップスもらったときはさすがに笑った。


京都で「物集女(もずめ)」ってバス停を通ったとき、読むことができずその字面にちょっとした衝撃を受けたんですが、しばらくすると思い出せなくなり、つい一緒にいた子に「さっきのなんて読むんやったっけ…あの、あれ、物欲女!」って言ってしまい失笑を買いました。


女の子に好みのタイプを尋ねたら「とりあえずモンゴル系はないですね」との返答をいただいたんですが、なぜ消去法なのかはともかくとしてもう少しメジャーな系統を消してほしかったなと思いました。


今日サンマルクに来ていた小さなお子さん、カルピスのことを「カロピス!カロピス!」と連呼してネイティヴ感を漂わせたり、アップルジュースを指差しなら「りんごジュース!」と和訳してくれたり…なかなか立ち位置が見えない感じでしたが、とても可愛らしかったです。


以上、全12ツイート(未遂)でした。



普段はこんな感じで毒にも薬にもならないようなことをぽつぽつとつぶやいています。

ちょっとおもろいやんって思っていただけたら是非フォローしてやってください。



それでは来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。